パパ活サイト・パパ活アプリの真実を暴露。少々アダルトな表現が含まれますので18歳未満の方は大人になってから来てね。

パパ活の真実


私が登録している一押しサイトはシュガーダディです。

女性はこちらの記事をどうぞ
シュガーダディでパパ活するコツを伝授!登録方法はこちら

男性はこちらの記事をどうぞ
シュガーダディ男性は最高!入れ食い状態でメッセージがガンガン届く

パパ活被害

中学生や高校生がパパ活してはいけません。掲示板でパパ募集をした結果

投稿日:

中学生や高校生、いわゆる未成年者がツイッターや掲示板でパパ活している人がいます。
ツイッターで「JCです。本当です」「JKです」などとツイートしている人を見かけます。
ただの「釣り」の可能性もある
(未成年じゃないのに「JK」などと言ってパパ活している)そう思って気にも止めていませんでしたが、
実際に中学生や高校生がパパ活しているようです。

JKがツイッターでパパ活

ツイッターを使ってJKとみられる子がパパ募集しています。
本当にJKか定かではありませんが、もし本当にJKで未成年者ならやめた方がいいです。
パパと実際会うことになっても来る相手が
パパを装った警察官かもしれません。

「サイバーパトロール」と言って掲示板やSNSをパトロールしています。

未成年者のパパ活は辞めましょう。

ニュースにもありました。

インターネットで知り合った男性と食事や買い物をした見返りに金銭的支援を受ける「援助交際」が女子中、高生らの間で横行している。近年は「パパ活」と呼ばれ、遊ぶ金ほしさや興味本位といった軽い気持ちでネットに投稿し、性被害に遭うケースも相次いでいる。警察は「サイバー補導」を強化している。

◆「ごく普通の生徒が…」

「パパ活募集」。2017年11月、「サイバーパトロール」をしていた福岡県警の捜査員が、ネット掲示板に書き込みを見つけた。捜査員はメッセージを送り、福岡市郊外の駅で待ち合わせた。現れたのは、ジーンズにTシャツ姿の高校の女子生徒(16)。「派手でもなく、ごく普通の生徒」(捜査関係者)だった。

警察官であることを明かし、事情を聞くと、生徒は「興味本位だった」と語った。学校では模範的な生徒とみられていたが、その後の捜査でネットで知り合った男から現金を受け取り、性的な関係をもっていたこともわかった。県警は、この男(50歳代)を突き止め、児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕した。

生徒を迎えに来た母親は「まさか娘が援助交際をしているとは……。警察官に見つかってよかった」とうなだれた。

引用元:軽い動機「パパ活」女子中高生に横行…性被害も

中高生がパパ活することによって性被害に会うことに警鐘を鳴らしています。

ですが、パパだけが悪いということは決してなく、中高生にも問題があります。

中高生はパパ活してはいけません。

-パパ活被害

Copyright© パパ活の真実 , 2019 All Rights Reserved.