パパ活サイト・パパ活アプリの真実を暴露。少々アダルトな表現が含まれますので18歳未満の方は大人になってから来てね。

パパ活の真実

パパ活被害


私が登録している一押しサイトはシュガーダディです。

女性はこちらの記事をどうぞ
シュガーダディでパパ活するコツを伝授!登録方法はこちら

男性はこちらの記事をどうぞ
シュガーダディ男性は最高!入れ食い状態でメッセージがガンガン届く

パパ活被害

【注意】パパ活による被害 お金がもらえない避妊してくれないパパもいる!

投稿日:

パパ活被害についてお話ししたいと思います。
パパ活は「楽して稼げる方法」という認識があると思いますが、
その反面パパ活することによって被害を受けることもあります。

パパ活被害

中高生がパパ活して性被害に合うことは度々ニュースでも見かけます。

デートだけのつもりや食事だけのつもりで会って
性被害に合ってしまうというもの。

女性を本気で好きになったパパが、ストーカーになることもある

「女性を本気で好きになったパパが、ストーカーになったこともあります」

米山氏のように、好かれたい願望が強いパパは珍しくないようだ。また、

「行為中にコンドームが外れた、避妊してもらえなかった、というケースも多い。女性がホテルで男性のカードをスキミングし、1日で100万円以上使われたトラブルもありました。あと、肉体関係をもった女性が自分の娘の友だちだったというケース。女性が娘を訪ねてきてわかったそうで、でも、その後も関係を続けているそうですけどね」

アプリを使ったパパ活は、手軽な分、さらにトラブルが多いという。パパ活関係の被害相談を受けているある女性によると、

引用元奨学金返済、留学、起業――パパ活女子、それぞれの事情 “ストーカー化”などトラブルも

 

上記のように、パパのほうが本気で女性を好きになってしまってストーカーになるケースもあります。

ラインなどでやり取りを異常なまでにしようとしてくるパパには注意が必要です。

パパが危ないヤツと感じたら?

それとなく忙しいふりをして
嫌われるようにそむけ、
徐々にフェードアウトするように持っていったほうがいいです。

【パパ活被害】避妊してもらえなかった

中には避妊をしてくれないパパもいます。
「中に出さないから」

「すぐに終わるから」

「少しだけ生でやらせて」

そんなことを言うパパは危険です。

アダルトな関係になったのはいいとしても、避妊は絶対する必要があります。
性病や妊娠の危険があるので、必ずコンドームは常に持ち歩いていたほうがいいです。
ホテルにコンドームは用意されていますが、自分で持っておいたほうが安心です。

【パパ活被害】お金がもらえなかった

デートや食事をして、いざ帰ろうとしても「お金がもらえない」という被害があります。

自分から
「お金ちょうだい」
「お手当ください」
「お小遣いください」
「交通費ください」
など、言いにくかったりしますよね。

それをいいことに、

最後までお金をくれないパパも中にはいるのです。

もしくは、単純に「お金」のことを忘れているのかもしれませんが、

いずれにしてもパパ活してお金をもらえなかったとう被害は少なからずあります。

パパからお金をもらえないということを防ぐためにも
会ってからなるべく早めに「交通費」をもらうようにしましょう。

お金の前払いは「お金にガッついてる感」が出てしまうので、

それを見せたくないのであれば諦めて最後に交通費をもらうしかありません。

パパ活詐欺もある

パパ活被害詐欺

ツイッターやSNSでパパ活の会社をやってると言う社長に詐欺られたという話もあります。
そのパパ活詐欺の手口は

女の子に仕事を紹介するから、仕事をする前に「預け金」と言う形で事前に
お客の報酬金額の25%を預け金として預けてほしいと言われました。
預け金を預けてほしいと言われ続け、9月までで私はいつのまにか285万円も支払っていました。
引用元 パパ活詐欺被害について。お金は取り戻せますか?

ツイッターやSNSでお金持ちのパパを紹介してあげるなどと言っている人がいたら
それは詐欺かもしれません。

パパに、「今現金がないから今度会ったとき倍にして返すよ」

と言ってとんずらされる。これもパパ活詐欺です。

【詐欺師の特徴】

お金がないのにお金を持ってるふりをするのが上手いです。

羽振りのよすぎるパパには注意してください。

危険!危ないパパの特徴

お金持ちアピールがすごいパパ
自分は社長だ、投資で儲かっている、など、お金を持ってるアピールがすごいパパは危ないです。

上手すぎる話しには注意が必要

 

相場や条件が良すぎるパパも危ない。

パパ活の相場を大幅に超える額を提示してくるパパも危険です。

えぐい!これがパパ活サイトの相場です
1回のデートで食事だけ体なしで10万あげるとかですね。

食事だけでブランド品を買ってあげる

など、相場よりもっと高いお金をくれる、条件が良すぎるパパはスルーしたほうが無難です。

上手い話しには訳があると思ったほうがいい。

パパ活被害悪質なパパも中にはいる

・ストーカーまがいなことをするパパ
・メールなどのやり取りが多すぎるパパ
・お金をくれないパパ
・避妊をしてくれないパパ

悪質なパパも中にはいるのでパパ活するなら気を付けてしないといけません。

パパ活被害に合わない為に注意すること

自分の身は自分で守るということです。
・本名など個人情報を教えない
・会ってすぐのパパの車には乗らない

そして、相手を見抜くことも大事。
甘い話ばかりしてくるパパは信用できません。

極論を言ってしまうと、
「パパ活被害に合わない唯一の方法はパパ活をしないことです」

100%安全であるとは言えないパパ活。

パパ活をする以上、なんらかの被害に合う可能性はゼロではありません。

普通のバイトや仕事よりも簡単に稼げる分
リスクや被害も少なからずあるのです。

パパ活でお手軽に稼げるという認識は捨てましょう。

-パパ活被害

Copyright© パパ活の真実 , 2019 All Rights Reserved.